• トップ
  • イノブタについて
  • こだわり
  • 会社案内
  • 交通アクセス
  • HOME >イノブタについて

    イノブタは和歌山県すさみ町で誕生しました。

    ”イノブタ”はイブファームの工場が位置する「和歌山県すさみ町」 の和歌山県畜産試験場で、1970年に猪を父に豚を母に誕生しました。

    すさみのイノブタってどんな肉?

    ★あっさりしていて臭みがなく、癖がない中にも風味がある。
    ★肉質は赤みが濃く、どちらかといえば牛肉に似ている。
    ★豚肉に比べ適度な歯ごたえがあり、保水性が良く肉汁の漏出が少ない。
    ★特に、脂身は甘くコクがあり、口の中でとろけるような滑らかさです。

    一般公募によりすさみのイノブタ肉の愛称が決定!

    イノブータン王国活性化委員会が、イノブタ肉の愛称を募集していたところ、全国各地から824通もの応募があり、2009年12月、2時間半にも及ぶ慎重審査の末、埼玉県朝霞市 の金剛明夫さんの「イブの恵み」に決定しました。

    イブの恵みとは?

    豚の中でももっとも肉質の良いとされるデュロック種又はバークシャー種 と雄イノシシから生まれた、一代限りのイノブタで、イノシシの旨味と豚肉のやわらかさを兼ね備えた非常に美味なお肉です。
    「イブの恵み」は、安全・安心を基本に幅広い分野で優れた県産品である” 和歌山ならでは”の視点で推奨する「和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)」に認定されました。

    イブ美豚とは?

    イブの恵みから生まれた、次世代ブランドのイノブタ「イブ美豚」。 イブの恵み同様、豊富な旨味が味わい深い、美味しいお肉です。

    すさみ豚(エコポーク)とは?

    高品質な3種類の豚を掛け合わせた
    「三元豚」です。
    きめが細かくコクがあり豚肉特有の臭みがなく、まろやかな風味。
    肉の甘味と柔らかさは絶品です。

    ▲ページトップに戻る